印鑑の役割とは

一言で印鑑と言っても色々な種類があります。実印や銀行印など,一体何が違うのでしょうか。また、目的によってそれぞれ用途は異なるのでしょうか。

実印、銀行印、認印というのは、それぞれ利用される場面での印鑑の名称のことを言います。同じ印鑑でも、使用する目的によって、印鑑の名称がそれぞれ異なるわけです。
街中で100円で売られているような安い印鑑でも、市区町村に手続きを行えば、実印として登録出来ますし、開運など姓名判断のもとで作られた高い印鑑を、実印や銀行印としてのほか、認印としても利用することが出来ます。
実印、銀行印、認印とは、ユーザーがどのような印鑑の使い方をするかによってはまったく役割が異なる印鑑になります。